Marble Surface

【酒類販売免許】

酒類の販売を行おうとする場合には、酒類販売免許が必要となります。
販売方法や扱うお酒の種類などにより免許の種類が変わります。
申請先は税務署となりますが、申請の前に先ずは税務署に事前相談に行き、
個別具体的な内容を相談することが、申請書類作成から審査までをスムーズ
​に行うことにつながります。

​税務署への事前相談、申請書の作成支援と申請、審査期間中の問合せ対応などを対応させていただきます。