Marble Surface

【酒類販売免許申請支援の流れ】

​当事務所で酒類販売免許の申請支援を行う場合の工程概要は、以下のようになります。
卸売や通信販売などの販売形態や取扱い商品により免許の種類や申請内容が違います。そのため、工程や準備資料に多少の違いはありますが、工程全体を俯瞰するとおおよそ下記の内容になります。

①ご連絡

依頼者

 当方

②ご相談

依頼者

 当方

③ご依頼判断

依頼者

④税務署へ事前相談

 当方

⑤申請資料作成

 当方

依頼者

⑥申請

依頼者

 当方

⑦審査

 当方

⑧免許交付の通知

 当方

⑨登録免許税納付

依頼者

⑩免許交付

依頼者

​ご相談概要をお聞きし、相談の場所と日程を決めます。
​​お渡しする資料にて、申請にあたり問題となる部分がないかを事前に確認いただきます。

​内容の詳細をお聞きし、今後のスケジュール感と費用を提示させていただきます。

​提案させていただいた内容でご依頼いただけるかを判断していただきます。

お聞きした内容を基に税務署の酒類指導官に事前相談します。

申請資料の作成を行います。
​依頼者にも用意・作成いただく資料があります。

当事務所から税務署へ免許申請を行います。

税務署での審査が行われます。
​審査期間中に税務署からの問合せがあれば当事務所で対応させていただきます。

免許交付の通知を受け取ります。

登録免許税の納付を行っていただきます。

税務署にて免許の交付を受けていただきます。